上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
井手ちゃんぽん本店に来ました。やっぱりルーツである本店に一度は行かないとと思ってました。行ってみないとわからないことてあるんですよね。

DSCF5522.jpg
場所は武雄温泉駅からだとタクシーで行った方がいいくらい遠い。1400円くらいだったかな。最寄駅だと北方、高橋という駅だ。

DSCF5517_20121214121949.jpg
タクシーの運転手さんに聞いたらいつも混んでるんだそうです。僕が行ったのは16時くらいだったので空いていてすぐ食べることが出来ました。

DSCF5507_20121214121949.jpg
中に入るとカウンター、座席と広い。カウンターに座ります。
もちろん特製ちゃんぽん(キクラゲ・卵入り)を頼みます。

DSCF5510.jpg
ちょうど誰もいなくなったので厨房を撮ってみました。作っているところが見渡せる。清潔だ。
茹でた麺を丼ぶりに入れた状態で、野菜を炒めて豚骨スープを入れ合わせる。野菜の旨みが豚骨になじみまろやかな味わいになる。特製ちゃんぽんの場合は最後にキクラゲを鍋に入れ火入れしている。まさに職人技でみていると楽しいだけじゃなく凄みも感じる。大体一回で四発ぐらいの量で作ってる。
奥にある機械などがみると、いったいこれでどうするのかものすごく気になります。

特製ちゃんぽんです。
DSCF5512_20121214121948.jpg
麺は太麺で伸縮する麺なのにぷちっと噛みきれる不思議な麺。たぶん製麺した後に湯がいているため、独特な食感になると思われます。湯がく理由はもしや戸畑ちゃんぽんが麺を早く茹で上げるために、あらかじめ蒸しておくように、あらかじめ茹でておくというのは、同じ目的でそうしているのだろうか。戸畑は八幡製鐵、こっちは炭鉱でいずれも労働者のために安く、早く、ボリュームがあるというキーワードは同じだ。
スープは上記の通り、豚骨ベースで野菜の旨みが加わることでまろやかになる。生卵がを崩すと滑らかさにコクが出てくる。余談ですが天神にある井手ちゃんぽんに比べて脂っぽく感じないのは、脂がしっかり乳化されているからでしょう。
具材はキャベツ、もやし、はんぺん、さつま揚げ、『特製』だけにのる卵とキクラゲ。

DSCF5513.jpg
横から見ると野菜がてんこ盛りでボリュームがすごい。

奇をてらうことはないですが、老舗の底力を感じることのできる一杯だった。


ホームページ
http://www.ide-chanpon.co.jp/


住所 佐賀県武雄市北方町大字志久高野1928
電話番号 0954-36-2047
営業時間 10時半~21時
定休日 水曜日(水曜日が祝日の時は木曜日休み)
最寄駅 北方 高橋 武雄温泉




関連ランキング:ちゃんぽん | 北方駅

スポンサーサイト
2012/12/14(金) 13:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはぎ、廻転焼のお店です。
DSCF5413.jpg
武雄温泉駅から武雄温泉に向かう大通りにあります。

DSCF5416.jpg
廻転焼を作っているところでした。

DSCF5415.jpg
棚にはおはぎ。ひと箱購入で1000円です。

DSCF5417.jpg
廻転焼きは白あんを頂きます。

DSCF5418.jpg
表面はクッキーのようなサックリで中はふんわり、白あんと合う。これは黒あんも間違いないな。うーむ、この廻転焼はとにかく美味しい。もし天神博多とかで期間限定でやったら行列ができるぞこりゃ。これは購入したらすぐ食べないとこの食感は味わえないので気をつけましょう。

DSCF5557.jpg
おはぎは10個入っており、さすがに全部は食べられないのでおすそ分けしましたが、それでも連続4個食ってしまいました。

DSCF5559.jpg
甘党の店。

DSCF5560.jpg
あんこの甘さと中のもち米のバランスが良く、とにかく美味しい。

DSCF5562.jpg
全く関係ありませんが、フラッシュで撮ってみたらテカテカw

最初はおはぎ目当てでしたが廻転焼も素晴らしいので、やっぱり来てみないとわからないことは多いなぁ。


住所 佐賀県武雄市武雄町富岡7782
電話番号 0954-22-2723
営業時間 9時~売り切れまで
定休日 不定休
最寄駅 武雄温泉




関連ランキング:たい焼き・大判焼き | 武雄温泉駅

2012/12/14(金) 12:03 | コメント:0 | トラックバック:0 |
武雄温泉にやってまいりました。
武雄温泉は福岡にいる間に一回は行っときたいと思った場所であるのと、ハンバーガーとちゃんぽんの有名店があるのだ。

今回は日帰りでしたので温泉で一泊とかゆったりすることはありません。食べます。

武雄温泉は武雄温泉駅から歩いて行けるぐらいの距離で、駅に観光案内所がありますので地図や案内はそちらに行けば大丈夫。
DSCF5424_20121214104516.jpg
大通りから武雄温泉に向かって行く途中にあります。

DSCF5433.jpg
あったあった。

DSCF5432_20121214104515.jpg
よかったーやってて。ここまで来てやってないと切なくなります。

DSCF5430_20121214104515.jpg
既に何名かがハンバーガーの注文をしてました。店主一人回しなので注文はしばらく待ちます。

DSCF5431.jpg
その間にメニューを見て・・・ん、KBC『ドゥーモ』の企画で九種で一番うまいハンバーガー第一位の若楠ロースカツバーガーとあるではないですか。これは外せませんね、一個目はこれだ。二個目はデフォルトの武雄バーガーでいこう。

DSCF5435.jpg
小物が賑やかで楽しい。12月クリスマスマジかですからね~。

DSCF5425.jpg
カウンターの下を見ると、こちらも案内だ。

DSCF5426.jpg
ハンバーガーのメニュー。

DSCF5427_20121214104701.jpg
サイドメニュー。今回は頼むことはなかったのですが、骨なしチキンのレッドホットは美味しいそうだ。

DSCF5428_20121214104701.jpg
武雄温泉五つのグルメポイントだ。もちろん若楠バーガーを筆頭に佐賀牛、北方ちゃんぽん、ホワイト餃子、地産地消バイキング。そう、あとで行くことになる北方ちゃんぽんの井手ちゃんぽん本店もお目当ての店なのだ。

DSCF5429.jpg
限定のアボガドディップのバーガー。これも食べたかったけどさすがに三個行くと後でちゃんぽんが食べられない。グッと我慢。

DSCF5438_20121214104757.jpg
持ち帰り用のパンフもあります。

DSCF5437.jpg
裏には温泉マップ。次は一泊ゆったりと来たいな。

DSCF5436.jpg
注文を頼んだあとふと気になる物体が。・・・ノーコメントです。

DSCF5440_20121214104755.jpg
さて、路上で待っているのはこの時期流石に寒い。カウンターのすぐ横に火鉢がある。演出がニクいですね~。

お待たせしました。
DSCF5442_20121214104755.jpg
一個目は武雄バーガーです。
カリッとしたバンズに厚めの肉が香ばしくジューシーでこれだけでも十分美味しい。トマトとレタスが程よい水分を与え、サッパリ感を与えてくれる。ここで何より注目すべきはソースだ。フルーツをふんだんに使ったソースなので味わいがジャムに近く、美味しさが格段にアップする。袋についたソースも余すところなく食べてしまった。そしてこのボリュームでなんと400円という驚きの値段だ。

DSCF5446.jpg
二個目は若楠ロースカツバーガーです。
若楠ポークを使用しており、若楠ポークは武雄地区で生産されています。すごくきめが細かく、カツにしているため肉の旨みが凝縮して、豚特有の臭さがない、とても良い素材。店主のハンバーガーに対する誠実さを強く感じる一品だ。

DSCF5447.jpg
ちょうどお客さんが途切れた時でしたので、店主とお話しできました。この店を知るきっかけはフェイスブックでしたのでその話をしましたら、フェイスブックバッチを頂きました。隣近所の方が作っているそうな。よくできてる。

場所が場所なだけに頻繁には行けない。また行けるといいな。


ホームページ
http://www.takeo-city.com/eat/tkb/


住所 佐賀県武雄市武雄町大字武雄7345-2
電話番号 080-3958-3411
営業時間 11時~19時
定休日 月曜日
最寄駅 武雄温泉




関連ランキング:ハンバーガー | 武雄温泉駅


2012/12/14(金) 11:32 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
プロフィール

おっくん0120

Author:おっくん0120
手当たり次第ではなく、「これは!!」と思った店に行き食べてきた感想を記録しまっす。

 
QRコード
QRコード
 
ハジケルジャクソン
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。