上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
昭和28年という老舗のカレー屋です。もともと中洲にあったんですね。
DSCF2282_20130504140528.jpg

DSCF2293.jpg
中に入るとカウンターがあり、奥にテーブル席もあります。奥行きのある意外と広い店内。

DSCF2292_20130504140526.jpg
カウンターは賑やかな感じです。

満腹セットというのを頼みます。カレーは二種類『湖月のカレー』と『牛豚カレー』を選べます。
そしてハンバーガーかシーザーサラダのどちらかを選べ、さらにドリンクとプチデザートが付くお得なセットだ。
DSCF2286.jpg
カレーは湖月のカレー。まさにカレーの湖にライスの島という見た目だ。
カレーの出汁は豚骨スープを使用し、玉ねぎたっぷり炒めた香ばしく旨みたっぷりのカレーは、とても優しくまろやかな味でありながら深いコクを感じる、美味しいカレーだ。

DSCF2295.jpg
付け合せが自家製で、無添加なのがわかる。特にらっきょは酸味が少なく単独でポリポリ食べ進んでしまう。

DSCF2290_20130504140524.jpg

DSCF2291_20130504140623.jpg
ハンバーガーです。しっとりとしたパティに新鮮なトマトキュウリ、カリッと香ばしいバンズの組み合わせのバランスはとてもよくボリュームもあり美味しい。

DSCF2303_20130504140622.jpg
プチデザートは自家製ヨーグルトにオリーブオイルが垂らしてあります。アビーロ福岡でもそうでしたがオリーブオイルってバニラアイスにも合うんですよね。秀逸なのがこの煮豆で甘さと食感のふっくらさがとてもいい。煮豆は煮るのが難しいので店主の腕がハイレベルなところもこういうところで知ることが出来る。

実はカレーの他にサラダが定評があるとも聞いていたこともあり単品で注文。
DSCF2315.jpg
フルーツたっぷりのヘルシーサラダ。一つ一つすごく甘く新鮮で厳選されているのがわかる。
でもフルーツサラダなどは結構あるのになんでサラダに注目しているのだろうと思うのですが、それは食べてみると良くわかった。

DSCF2320.jpg
ここだ。野菜サラダとフルーツの境界にシーザードレッシングがかかっているのですが、それだけじゃない。
なんとカレー粉をが振り掛けられているのだ。これがびっくりするくらい合う。
正直サラダで衝撃を受けたのは初めてだ。

DSCF2321.jpg
左がシーザーサラダのドレッシング。右はアイスコーヒーが入っており自由に飲んでオッケーだ。

DSCF2314.jpg
細かいところですが氷を見てください。チルド室でゆっくり凍らせた氷なので溶けづらく、冷たさが持続するのだ。
ちなみにドリンクの入っているプラスチックのコップは持ち帰りが出来る。カレーを食べて最後ドリンクだけのんでお店にいるなら、コップごと持って帰ってゆっくり飲んでもらった方がいいということです。そして回転率も上がり待っているお客さんを待たせなくてよいということも兼ねているんだそうな。簡単に言ってたけどこのコップ結構いい値段すると思うぞ。

お店の店主がものすごくフレンドリーで美味しいだけでなく楽しく食事ができる良い店です。


ホームページ
http://anmicurry.com/


住所 福岡県福岡市東区馬出1-24-41
電話番号 092-651-4643
営業時間 月~金12時半~22時 日祝12時~20時
定休日 月曜日
最寄駅 馬出九大病院前 吉塚


湖月のカレー工場 あんみ食堂

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:カレー | 吉塚駅馬出九大病院前駅箱崎宮前駅

スポンサーサイト
2013/05/04(土) 15:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
自然薯を食べることが出来る専門店です。
DSCF2255_20130504101212.jpg
木造民家を店舗にしており、シックな感じが出ています。
看板がわかりにくいので、一度通り過ぎてしまいました。

DSCF2256.jpg
雰囲気は抜群ですが、日に焼けて見づらい。

DSCF2210_20130504101210.jpg
この暖簾がないと風景に馴染んでしまい、本当にどこに店舗があるのかわからない。では入ります。

DSCF2214_20130504101209.jpg
おお、まんまだ!

DSCF2217.jpg
陶器なども販売しています。

DSCF2215.jpg
水の音は嫌されますね~。

昼膳の『菖蒲』というのを頼みます。
DSCF2236.jpg
前菜でホクホクのむかごとぽってりとした自然薯が出てきます。自然薯を軽く醤油につけて頂きます。粘りと風味はたまりませんね。

DSCF2243.jpg
メインの鉄火丼と出汁で割ったとろろが出てきます。
鉄火丼のまぐろは軽く漬けにしてあり、単独で食べてみるととても美味しい。ご飯は麦飯。
その鉄火丼にお好みの量のとろろを流し込むと、激ウマのやまかけ丼になる。
麦飯はお代わりできますのでとろろを最後まで堪能できます。

DSCF2245.jpg
とろろのアップ。

DSCF2246.jpg
再度言いますが、このまぐろは美味しい。

DSCF2249.jpg
デザートのぜんざいは甘さ控えめで口の中を整えてくれます。カリッとした焼きもちが香ばしい。

隠れ家的で天神や博多から離れていることもあり、しっとり静かな空間で食事が楽しめます。


ホームページ
http://www.hakozaki-tororo.com/


住所 福岡県福岡市東区馬出5-12-9
電話番号 092-651-2153
営業時間 月~金11時半~14時半 17時~22時(LO21時半) 土日祝11時半~15時半
定休日 月曜日(祝日の場合翌日)
最寄駅 筥崎宮前 馬出九大病院前


筥崎とろろ

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:麦とろ | 馬出九大病院前駅箱崎宮前駅吉塚駅

2013/05/04(土) 10:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
筥崎宮に行ったときに、面白いパン屋さんを見つけました。
DSCF5939.jpg
なんだこのレトロ感は!

DSCF5932.jpg
美味しい予感がします。

DSCF5934.jpg
イートインも出来てホットコーヒー無料か。

DSCF5935.jpg
中に入るともちろんレトロ感満載で面白い。ショーケースには美味しいそうなパンが並んでいます。

DSCF5936.jpg
リンゴがいい感じになってる~。

DSCF5938.jpg
パネットーネ、シュトーレン、ムラング等色々ある。

DSCF5937.jpg
焼カレーパンは購入決定ですな!

さて、食べていきましょう。
DSCF6051.jpg
ガーリックパン。カリッとした表面に中は柔らかくガーリックの風味が強烈だ。ちなみにカバンのなかに入れていたらとんでもなくニンニク臭くなってしまった。

DSCF6055.jpg
明太フランスは中にも明太がぬり込まれており、結構明太子の量が多い。冷めてもパンが硬くなりすぎずこれはよい。

DSCF6059.jpg
焼カレーパン。ちょっと辛めのカレーと焼が入ってるのカレーはとても香ばしい。

DSCF6063.jpg
トルコ風こめっこ。

DSCF6065.jpg
中にはトマトソースにベーコンとチーズで小さいのにコッテリと美味しい。

DSCF6067.jpg
林檎のデニッシュ。パイのサックリ感と林檎のしっとりがいい。

DSCF6071.jpg
メロンパンはもう何も言う必要はありません。ぜひ食べてみてください。

DSCF6057.jpg
ちなみに1,000円あればこれだけ食えるぞ。


ホームページ
http://www.pannagata.com/index.html


住所 福岡県福岡市東区箱崎1丁目44-20
電話番号 092-643-8680
営業時間 7時半~19時半
定休日 第一火曜日 お盆 年末年始
最寄駅 箱崎宮前 馬出九大病院前 箱崎




関連ランキング:パン | 箱崎宮前駅馬出九大病院前駅箱崎駅

2013/01/01(火) 08:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
名島交差点です。
DSCF6016.jpg
名島駅から名島交差点をまっすぐ行きます。

DSCF6021.jpg
ここか。長浜ラーメンを久留米の呼び戻しで作っているお店です。どういう味なのかが気になってたお店でようやく来ることが出来た。楽しみです。

DSCF6026.jpg
中に入ると入口におでん。寒いときには温まります。

DSCF6025.jpg
14時過ぎくらいに来たのですが、店内にはお客さんが八割ぐらいいました。テーブル席に案内されましたがカウンター席がよかったな~。作っているところ見ること出来るし。混んでますのでこればっかりはしょうがない。

メニューです。
DSCF6022.jpg
やっぱり安いな~。ラーメン定食で700円は腹いっぱい食べてもらいたいというあらわれですね。

DSCF6024.jpg
雑誌で紹介された記事がラミネートされています。

DSCF6023.jpg

ラーメンです。
DSCF6030.jpg
麺はストレートの細麺。
スープはもちろん豚骨。
具材はチャーシュー、ネギ。

当日に一度下茹でした骨を炊いたものと、昨日作ったスープを合わせている。そうすることで、昨日と当日のスープの味の誤差をある程度埋めているようだ。長浜ラーメンなので白濁として入るが濃度はない。そして化学調味料を使用していないため、どっしり来るようなコクはない反面食べ終わった後に、口のまわりや口の中に嫌なものが残る感じは皆無だ。

『長浜ラーメン』では、ナンバーワン、ぶんりゅう、そしてこの名島亭が自分の中で加わった。

このラーメンは店主、お店の雰囲気含め、二杯、三杯と何回か食べないとわからない何かがありそうだ。

DSCF6027.jpg
著名人のサインがたくさんある中で抜粋。クッキングパパだ。
奥にあるカウンター席の後ろには無数のサイン色紙がある。いくら有名になっても、支えてくれるのは地元の常連さんで、僕がきたときに見えたのはそういう雰囲気の人たちばかり。しっかち地に足がついてる、このお店の店主と少ない時間でも話がしたいと思った。


住所 福岡県福岡市東区名島2-41-7
電話番号 092-662-3566
営業時間 11時~売り切りまで(18時頃まで)
定休日 水曜日
最寄駅 名島




関連ランキング:ラーメン | 名島駅

2012/12/25(火) 11:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
名島亭に行くときに見かけたのでそのまま入ってみました。
DSCF6041.jpg
ちょっと調べたら五店舗あり、なんと東京の二子玉川に店舗がある。

DSCF6013.jpg
東京に進出しているとは知らなかった。ますます入ってみたくなった。

DSCF6014.jpg
事務所兼ショールームだったのだろうか、ガラス張りだぞ。

DSCF6007.jpg
中に入ると木目の店内でログハウス風だ。外からの日がふんだんに入ってくる。

DSCF6008.jpg
卓上調味料。高菜、紅ショウガ、ニンニククラッシャーもあります。

メニュー。
DSCF6004.jpg
単品。

DSCF6005.jpg
セットメニュー。11時~15時までだ。

DSCF6006.jpg
トッピング一覧。

やっぱり基本のラーメンからです。
DSCF6009.jpg
麺は細麺のストレート。
スープは豚骨で、旨みのほとんどが背脂だ。かなり溶け込ませているので甘みが強くある。
具材はチャーシュー、キクラゲ、ネギ、のり。

DSCF6012.jpg
高菜がピリ辛で、適量スープに入れると辛味でより甘みを感じますよ。

ラーメンも高菜も化学調味料をほとんど使用していない。日によってスープにブレが出るのはしょうがないですが、化調に頼らない真面目なラーメン屋だ。


ホームページ
http://www.kokumaro.com/index.html

住所 福岡県福岡市東区名島2-32-12
電話番号 092-673-1875
営業時間 11時~翌2時
定休日 無休
最寄駅 名島




関連ランキング:ラーメン | 名島駅


2012/12/25(火) 09:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
 
プロフィール

おっくん0120

Author:おっくん0120
手当たり次第ではなく、「これは!!」と思った店に行き食べてきた感想を記録しまっす。

 
QRコード
QRコード
 
ハジケルジャクソン
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。